Coffee and the espresso taste delicious and rich.
And, it makes luxurious time for you. Therefore,
please utilize this coffee-style.com site.

  インスタントコーヒーの基礎知識

  インスタントコーヒーを発明した人が誰であるかは諸説あるが、その製造技術を実用化させることに成功したのは、スイスの食品会社ネスレである。
  世界大恐慌時代の1930年初頭、ブラジル政府は、生産過剰状態のコーヒー豆の価格暴落に苦慮し、その余剰コーヒー豆を用いた食品開発をネスレに要請。ネスレの研究陣はこの大量の豆を使い、1937年にインスタントコーヒーを完成させることに漕ぎ着けたのである。

instant_coffee

・製造方法の違い

  インスタントコーヒーと言えども、コーヒーを抽出するまでの 工程は、他のコーヒーと同じである。すなわち、 コーヒー豆を育成し、摘んで乾燥させ、焙煎し、グラインドして お湯で抽出する。この後の抽出させた液をどのように顆粒状 に加工するかによって、インスタントコーヒーの製造方法は2つの異なる方式に分かれる。

・スプレードライ方式

  抽出したコーヒー液を、乾燥棟の中に熱風とともに 強烈な圧力をかけて霧状に放出させて 急速乾燥させて作る方式。粒子が細かいため 水に溶けやすくアイスコーヒー向き。

・フリーズドライ方式

  抽出したコーヒー液を、零下40℃で凍結・粉砕したものを 真空乾燥室の中で、凍結乾燥(水分は氷の結晶として除去) させる方式。 低温処理のため、アロマを分解せずに包み込むことが可能。 このため、スプレードライより美味しいとされる。

・保存方法

  直射日光を避け、低温、乾燥した場所で保管。 開封前なら3年程度もつ。
  開封後の保管場所は、冷蔵・冷凍庫より食器棚の下などの方がよい。
冷蔵・冷凍庫は、温度の上昇下降を繰返して結露の原因 になりやすく、他の食品の匂いを吸収してしまうため、 避けたほうが無難。
  なお、湿気と熱を嫌うため、蓋の内側のラベルは 全部はがすか、全て残すかして蓋との隙間を無くすことが 重要なポイント。


 Basic Knowledge

 Recommendation 

 Best way to make 










Sponsored Links


Powered by sozai.wdcro
Copyright © 2005 www.coffee-style.com All Rights Reserved.