Coffee and the espresso taste delicious and rich.
And, it makes luxurious time for you. Therefore,
please utilize this coffee-style.com site.

  インスタントコーヒーの美味しい淹れ方

・POINT 3 湯の温度

  インスタント・コーヒーに理想的な温度は、80℃〜90℃。また 水道水は、カルキ臭いので敬遠されがちだが、日本では軟水が飲める稀有な国。 3分〜4分程度沸騰させると、カルキ臭さが飛び、最適になる。しかし 逆に沸騰させ過ぎると、水本来の美味しさが損なわれてしまうので注意。 沸騰して少したってから淹れるのがポイント。そうすることで80℃で淹れることが可能となる。 但し、ここで紹介しなければならない情報があるので、まずは以下を読んで頂きたい。

以下、2004年10月27日に放送された、NHK情報番組「ためしてガッテン」からの情報を引用。 放送内容は、「インスタントコーヒーのいれ方 教えて!」 という番組宛てに 視聴者から頂いた疑問について、実験をもとに検証して回答している。

「いれる温度でのみくらべ」
高速液体クロマトグラフイーという装置を使って、液体の成分量を比較してみました。
しかし、100度と80度で、成分量には差が見られませんでした。

さらに実験を繰り返し、同じ温度にまで冷ましてから飲んだところ、 味の差がきわだつことがわかったので、100人の方に飲みくらべていただきました。 飲んでいただいたのは、「粉2グラム、水140ミリリットル」のインスタントコーヒー。 いれるお湯の温度だけを100度と80度の2種類にしました。

すると、69対31で、80度のインスタントコーヒーをお好みになる方が多いという結果でした。

 ・100度: 苦み 酸味、薄い
 ・80度: まろやか、濃い

※お湯は、沸騰前の80度のお湯です。一度沸騰してから80度にさましたものでは、 このような結果にはなりませんでした。

味覚センサーでの分析結果
さらに分析した結果、100度にくらべると、80度のほうがわずかに苦みと酸味が抑えられていました。
グラフ「酸味、塩味、苦味1、苦味2、うまみの五角形グラフ」

なぜ、いれるお湯の温度によって味の差が出るのか、詳しい理由はわかっていません。 しかし、味の違いにつながったのではないかと考えられるいくつかの要因がみつかりました。

 ・違いその1「溶けのこり」
100度だと完全に粉が溶けてしまいますが、80度の場合少しですが、100度にくらべて溶けにくくなり、 濁りのようなものが出てきます。 実際にろ紙でこしてみると、わずかに溶けのこりを発見しました。

 ・違いその2「粉にお湯を注いだときの現象」
100度の場合は、かき混ぜてすぐ泡が消えるのですが、80度では表面に泡が残りました。 これは、ほとんどのインスタントコーヒーで起こる現象です。

沸騰前の80度のお湯の目安
やかんの鍋底に泡が出てきて、それが浮かびあがりはじめた頃が、お湯の温度80度の目安です。

以上の情報を踏まえると、
水道水を使わないのであれば、カルキ臭さを飛ばす必要がないので、沸騰させない。 沸騰する前の80度前後で火を止める。もし正確な温度で淹れたい場合は、仕上がり温度が指定可能な電子レンジを 利用して淹れるという方法もある。という結論が導き出された。




 Basic Knowledge

 Recommendation 

 Best way to make 

                 

Sponsored Links


Powered by sozai.wdcro
Copyright © 2005 www.coffee-style.com All Rights Reserved.