Coffee and the espresso taste delicious and rich.
And, it makes luxurious time for you. Therefore,
please utilize this coffee-style.com site.

  コーヒーと映画

  エスプレッソやコーヒーを飲みながら 観る映画は、なるべく上質なものを選びたい。逆にハリウッド映画を 自宅で観るならば、サウンドを消してBGVとして映像を眺めるのも 一つの手段だ。あなたにとって贅沢な時間を演出する映画を紹介する。

Vol.14  「モンパルナスの灯- Montparnasse 19」 / 監督:Jacques Becker

モンパルナスの灯
  古いフランス映画は美しい。夭逝した画家モジリアニを演じるジェラール・フィリップ、 若きアヌーク・エーメ。苦悩と悲恋に満ちた短命な生涯を描く。作品の翌年ジェラール自身もモジリアニと 同じ36歳という若さで世を去っている。
  死後、その作品の評価が上がる画家は歴史的にも多いが、作品につぎ込む情熱だけで生活し、 挙句、限られた生涯を行き急ぐ人生とは、どうだろう。長生きする人生より輝くのだろうか。
  刹那的で惰性的に生活している、我々現代人は、作品から何かを触れることができる。   1958年作品。

モンパルナスの灯-を購入する



Vol.15  「シェルブールの雨傘」 / 監督:Jacques Demy

シェルブールの雨傘
  徹底して登場する台詞全てが歌曲。だが、これこそ ミッシェル・ルグランの世界を楽しむ最高の作品。
  かつて情熱的に結婚を誓い合った恋人も、やがて戦争が終息しても、結局結ばれることが なく終わる悲劇的だが、現実的な人生の機微を運命的に描く。心を突く哀しいラストシーン。
  多くの視聴者は、自身の人生経験を投影し、涙が溢れて不思議と悲劇からカタルシスを 感じることができる。
  第17回カンヌ映画祭最高賞受賞。1964年仏作品。


シェルブールの雨傘を購入する


Vol.16  「死刑台のエレベーター」 / 監督:Robert Redford

死刑台のエレベーター
  巨匠ルイ・マル、若干25歳でのデビュー長編作。 「ヌーヴェル・ヴァーグ」の先駆者であり、斬新な演出で観る者を惹きつける。
  作品を鑑賞し、即興でレコーディングされたといわれる全編を引締める マイルス・デイビスのモダンジャズ。リノ・ヴァンチェラ、ジャンヌ・モロー の素晴らしい演技。徹底的に完成されたスリリングでドライな雰囲気。
  都会の寂寥感に、完全犯罪というサスペンスを注ぎ込み、 全てが完璧に融合されて結晶化された最高の作品。1957年仏。


死刑台のエレベーターを購入する



Vol.1〜Vol.3 ,  Vol.4〜Vol.5 ,  Vol.6〜Vol.7 ,  Vol.8〜Vol.10 ,  Vol.11〜Vol.13
Vol.14〜Vol.16  

       

 MOVIES 

         

Sponsored Links

Copyright © 2005-2006 www.coffee-style.com All Rights Reserved.